ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『任侠ヘルパー』最終話
2009-09-18 Fri 01:07
出演者:草剛SMAP)・黒木メイサ山本裕典薮宏太Hey! Say! JUMP)・五十嵐隼士仲里依紗夕輝壽太加藤清史郎中別府葵安田美沙子橘ユキコ山田親太朗高木万平高木心平甲斐まり恵三浦まゆ向井理松平健宇梶剛士大杉漣夏川結衣

主題歌:SMAPそっと きゅっと





翼彦一(草剛)、四方木りこ(黒木メイサ)、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、二本橋賢吾(宇梶剛士)は、「タイヨウ」が閉鎖に追い込まれたことを鷹山源助(松平健)に報告する。
その頃、「タイヨウ」では、美空晴菜(仲里依紗)やが、利用者たちの受け入れ先を探していた。
そんななか、羽鳥晶(夏川結衣)は認知症専門の施設への入所が、涼太(加藤清史郎)は、晶の元夫・藤堂慶太郎(陣内孝則)に預けられることが決まり、ふたりも出て行くことに。
出発の日、迎えの車に荷物を積んでやった彦一に晶が、写真を撮らないかと提案。
晶の携帯の液晶画面に、3ショットが収まった。
一方、閉鎖された「タイヨウ」に、多数の高齢者がやってくるという事件が起こる。
高齢者を連れてきた鎌田公造(渡辺哲)は、自分が経営する施設がつぶれたため、高齢者が行き場を失ったと言い、一晩でもいいから預かってほしい、と懇願。
園崎は、仕方なく受け入れるが、翌朝、鎌田と連絡が取れなくなる。
それでも、高齢者たちを見捨てられないため、「タイヨウ」では炊き出しが始まり、彦一らもそれを手伝う。
温かい食事に感謝をする高齢者たちに、“任侠ヘルパー”たちの胸にも熱いものがこみ上げてくる。
すると、突然、彦一が持っていたお玉を投げ捨てて出ていく。
追いかけてきた五郎らに彦一は、“研修”が終われば、自分たちはまた高齢者を食い物にして生きていくんだ、といらだちをぶつける。
再び極道に戻る自分たちが何をしているんだ――彦一の気持ちは揺れる。
そして、リビングにやってくると、藤堂の家にいるはずの涼太がいた。
涼太は晶が心配で施設を訪ねたが、晶に帰るように言われ、傷ついて「タイヨウ」にやってきたのだ。
事情を知らない彦一は、帰るように怒鳴りつける。
嫌がる涼太は、彦一に噛み付き抵抗。
やがて、大声をあげて泣き始める。
彦一はそんな涼太を、グッと引き寄せる。
翌朝、「タイヨウ」に藤堂ら厚生労働省の職員がやってくる。
業務停止中にもかかわらず、新しい入居者が増えたらしいと聞きつけてきたのだ。
ロビーにあふれる高齢者を見た藤堂は、医療面と衛生面に問題があるから保健所を呼ぶと電話を手にする。
すると、そこへ六車雅人(夕輝壽太)が現れ、「タイヨウ」を介護施設としてではなく、集合住宅として申請すればいいのだろう、と藤堂に迫る。
六車の機転のきいた行動のおかげで、ひとまず難局を乗り切ることができた。
そんなところへ、大島陽介(山田親太朗)ら辞めたヘルパー5人が「もう一度手伝いたい」と復帰してくる。
「タイヨウ」に活気が戻ったかに思われた矢先、高熱を出す高齢者が続出。
藤堂が指摘していた集団感染が起きたのだ。
彦一らは、高齢者たちを救急車に乗せ病院へと送る。
幸い重篤者は出なかったが、不十分な施設の現実を突きつけられる結果となった。
後日、入院中の高齢者も含め、全員の受け入れ先が決まり、「タイヨウ」が正式に閉鎖されることになった、と園崎が報告する。
その後、職員寮に戻った“任侠ヘルパー”の前に和泉零次(山本裕典)が現れ、鷹山が選んだ幹部は彦一だと発表する。
しかし、選出の理由や“研修”の目的については語られず、彦一らのなかには釈然としない思いが残る。
しかし、「タイヨウ」が閉鎖され“研修”が終わった以上、ここを出なければならない。
荷物をまとめて施設を後にしようとするが、そのとき、どういうわけか、別の施設へ行った高齢者たちが戻ってくる。
驚きつつも、彼らを受け入れる園崎とヘルパーたち。
それを見た五郎は、極道スーツからヘルパーのユニフォームに着替えはじめる。
そんな五郎を尻目に、彦一は施設を後にする。
彦一がやってきたのは、認知症専門施設にいる晶のところだった。
眠る晶のベッドの足元に座り、静かな口調で自分の無力さを嘆く彦一。
やがて、目を覚ました晶は、彦一が自分に言ってくれたように、いつでも自分らしくあればいいのでは、と語りかける。
翌日、隼會の幹部総会が開かれる会場に、りこがやってくる。
部屋の前で挨拶をしふすまを開けるが、なかには誰もいない。
りこがあっけに取られていると鷹山が現れ、彦一の気まぐれで総会は中止になったと告げる。
そして、彦一が幹部を辞退し、替わりにりこを推薦してきたと明かす。
その頃、「タイヨウ」にいた彦一は、外からの侵入者を防ぐため、和泉、三樹矢、五郎、二本橋とバリケードを作っていた。
「タイヨウ」の前には、彦一らの暴走をかぎつけた警察、マスコミ、利用者の家族らが集まり、騒然としていた。
そのなかにいた藤堂から電話が入り、すぐに高齢者たちを解放しろ、と促されるが、彦一は、ここにいる高齢者は新しい施設に行っても結局たらい回しにされるだけだから、自分たちが最期まで面倒みる、と言ってそれを拒否。
やがて、突入を決めた警官たちが続々とバリケードをやぶり施設内に侵入してくる。
彦一らは、激しい暴力で応戦するが、数で圧倒的に勝る警官たちに制圧されてしまう。
そして、彦一は手錠をかけられる。
そこへ、組の者を引き連れたりこがやってくる。
まだ終わっちゃいねえぞ、という怒号とととも警官たちに襲い掛かる四方木組の者たち。
それを見る彦一の顔には、かすかな笑みが浮かんでいた。
翌日の新聞には、「タイヨウ」での暴行事件が大きく取り上げられたが、そのほとんどが介護に関する現在の行政を批判するものだった。
数ヵ月後――。
りこは正式に隼會本家の幹部に迎えられ、五郎は介護の専門学校に通い、晴菜ともいい雰囲気になっていた。
二本橋は、愛娘との関係を修復しつつあり、六車は、介護関係の会社を立ち上げその社長に就任、三樹矢は女好きを復活させていた。
一方の彦一は、施設の近くの砂浜のベンチに座っていた。
するとそこへ、高級車の列を連ねてりこがやってくる。
りこは、刑務所から出てきたばかりの彦一に会いに来たのだ。
組に戻るのか、と尋ねるりこに、今後のことは決めていないと答える彦一。
そしてりこは、頼みがあるというと、おもむろに彦一の胸倉をつかんでキスをする。
その後、彦一は、再び晶のもとを尋ねる。
晶は、庭に涼太といたが彦一のことを認識しない。
「今日は忘れちゃってるみたい」と慣れた様子で明るく言う涼太に、彦一も笑顔を見せる。
しかし、晶に向かい合った彦一がタバコを吸おうとライターを鳴らした瞬間、晶が「ここは全面禁煙よ」と覚醒する。
それを聞いた彦一は、再び微笑む。
同じ頃、自転車に乗って「タイヨウ」にやってきた園崎は、入り口に貼ってあった閉鎖の知らせをはがし――。
別窓 | ジャニーズ | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。