ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『オトメン(乙男)~夏~』第6話
2009-09-13 Sun 04:39
出演者:岡田将生夏帆木村了瀬戸康史佐野和真桐谷美玲市川知宏武井咲柳原可奈子高田延彦鶴見辰吾山本未來

主題歌:柴咲コウラバソー ~lover soul~

原作:菅野文オトメン乙男





銀百合学園の伝統行事である、女らしさを競う「やまとなでしこコンテスト」が近づいてきた。
2年A組では代表出場者を決める投票が行われ、結果に満足気にうなずく正宗飛鳥(岡田将生)。
圧倒的な強さで2年代表に選ばれたのは都塚りょう(夏帆)だった。
りょうに付き添い“なでしコン”実行委員会にやって来た飛鳥と橘充太(佐野和真)は、実行委員である黒川樹虎(市川知宏)からコンテストの詳細を知らされる。
種目は着付け、お茶、生け花、料理の4種目で、りょうの苦手なものばかりだ。
出場者にはサポートをする男子生徒の介添人が必要だと聞いた飛鳥は、りょうに手伝いを申し出る。
りょうを支え、立派な大和撫子にすることを心に誓う飛鳥。
そこへ3年代表に選ばれた小針田雅(桐谷美玲)がやって来た。
過去2年、優勝している雅は余裕の笑みを浮かべ、りょうに正々堂々と勝負しようと声をかける。
各学年の代表者が掲示板に張り出された。
有明大和(瀬戸康史)は1年代表の欄に自分の名前を見つけ驚き尻込みするが、橘久利子(武井咲)の口車に乗せられてやる気を出す。
まるで興味を示さなかった多武峰一(木村了)だったが、介添人に飛鳥の名前を見つけ雅に介添人になると申し出る。
飛鳥はりょうにちらし寿司の作り方を伝授していた。
そして、コンテスト当日。
ステージにりょう、雅、大和が登場するが、男子は出場禁止のルールにのっとり大和はあっけなく退場。
第一種目・着付けでは飛鳥の着付け、多武峰のメイクにより両者引き分けに。
第二種目・お茶では雅が勝利、第三種目・生け花ではりょうが勝利をおさめ、最終種目の料理対決へ。
手際よくあざやかな料理を作る雅に対し、失敗ばかりのりょうを見ていた飛鳥は、充太に客の視線をステージからそらさるようにお願いする。
そのすきには自ら料理を作ってすり替えようと企てるが、へたながらも必死に頑張るりょうの姿に心を打たれ離れた場所からこっそりと指示を出すことに。
飛鳥の指示を受け、できあがったのは豪華な雅の料理とはかけ離れた「なめろう丼」だった。
しかし審査員から大好評。
引き分けとなり、延長戦は弓道で対決することになった。
対決直前、雅がりょうに負けた方は飛鳥から手を引くという賭けを申し出た。
無言で見つめあった後、了承するりょう。
そして、勝負が始まった。
飛鳥から風の流れを読むようにとの助言を受け、見事勝利したのはりょうだった。
やまとなでしこコンテストに優勝したりょうは神社の本殿になでしこの花と扇を射抜いた矢を、飛鳥は射抜かれた扇を、並んで奉納する。
それを奉納した2人は運命の恋が始まるという伝説があり…。
別窓 | オトメン(乙男) | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。