ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『任侠ヘルパー』第9話
2009-09-04 Fri 07:35
出演者:草剛SMAP)・黒木メイサ山本裕典薮宏太Hey! Say! JUMP)・五十嵐隼士仲里依紗夕輝壽太加藤清史郎中別府葵安田美沙子橘ユキコ山田親太朗高木万平高木心平甲斐まり恵三浦まゆ向井理松平健宇梶剛士大杉漣夏川結衣

主題歌:SMAPそっと きゅっと





翼彦一(草剛)は、車椅子の鷲津莞爾(竜雷太)めがけてナイフを構え飛び込んできた四方木りこ(黒木メイサ)の腕を素早く掴んだ。
りこは、自分の組を襲撃した鷲津組への報復だといきり立つが、彦一は鷲津は関わっていない、となだめる。
しかし、収まらないりこは、再び鷲津に襲い掛かる。
するとそこへ、和泉零次(山本裕典)が駆け込んできて、りこの腕を蹴り上げる。
彦一は鷲津を零次に託し走り去ったりこを追うが、見失ってしまう。
そんなとき、羽鳥涼太(加藤清史郎)から電話がかかる。
涼太は焦った様子で羽鳥晶(夏川結衣)が帰ってこないと告げ、一緒に晶を探してほしいと頼む。
涼太のもとに駆けつけた彦一は、弱気になる涼太を励ましながら晶を探し、老人ホーム「ハートフルバード」にいる晶を見つける。
「タイヨウ」に戻った彦一は、鷲津の部屋を訪ねる。
彦一とりこの正体を知った鷲津は、隠し持っていたドスを彦一に託し、自分の首を取れと言う。
老いぼれて死ぬよりも極道らしく死にたいという鷲津に、彦一はドスの刃を喉元に近づけると、「みっともねぇこと言ってんじゃねぇ」と一喝、部屋を出ていく。
そんな彦一を廊下で待っていたのは、またしても零次だった。
零次は、彦一、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)を集めると、自分は鷹山源助(松平健)から依頼された“研修”の監視役だと明かす。
零次は、鷲津が「タイヨウ」に入れられたのは、彦一らに狙わせるためで、その抗争のきっかけとして、四方木連合を襲撃したのだろうと説明。
それを仕組んだのは、鷲津組のなかでも“武闘派”で鳴らす尾国辰也(鈴木一真)だと言う。
それを聞いた三樹矢は、電話にもメールにも反応がないりこが心配になり、部屋を飛び出していく。
そんな折、「タイヨウ」の入居者で、病院に入院中の山浦夏夫(峯のぼる)の息子・渉(梶原善)がきて、夏夫の看取り介護を依頼する。
園崎康弘(大杉漣)は、看取り介護とは、医療的な延命措置を行わず、ただ最期のときが来るまで世話をするものであると説明。
納得した渉は、書類にサインをする。
やがて、病院から戻ってきた夏夫は、再び鷲津と同じ部屋に入る。
美空晴菜(仲里依紗)は、家族に報告するためだといって、夏夫の様子を日記に綴り始める。
彦一は、晶の失踪事件があってから元気がない涼太を心配していた。
涼太はそんな彦一に、自分と晶とともに遊園地に行こうと誘う。
同じ頃、りこの行方を探し回っていた三樹矢は、家族の墓の前でひとり立っているりこを見つける。
三樹矢は、身内がやられた以上、黙ってはいられないと報復を誓うりこに、自分も同行すると宣言する。
一方、「タイヨウ」では、彦一と涼太をはじめ、スタッフや利用者らもテレビで生中継されている晶の社長辞任会見を見守っていた。
そんな最中、夏夫の容態が悪化した、と晴菜が駆け込んでくる。
園崎、彦一らが、夏夫の部屋に集まり、危篤に陥った夏夫を見守る。
そして、まもなく夏夫は息を引き取る。
ヘルパーや利用者たちは側にいたが、家族は連絡が取れないため最期を看取ることができなかった。
鷲津は、夏夫がそれをどう思ったのだろうか、とつぶやく。
その後、彦一が夏夫の死後清拭をしていると六車が来て、りこと三樹矢が尾国に捕まったと告げる。
彦一、五郎、六車、二本橋はふたりを救出すべく、施設を出ようとする。
そこへ零次が現れて、鷹山からの命令だから動くな、と4人を制する。
しかし、彦一は仲間をやられて動かない極道はいない、と言い零次を振り切って出ていく。
その頃、りこと三樹矢は体を縛られて、尾国の組が使っている倉庫にいた。
そして、りこが尾国に乱暴されそうになったとき、極道スーツに身を包んだ彦一らが現れる。
襲い掛かってくる組の者たちと大乱闘となるが、彦一らは豪腕で制圧。
りこと三樹矢も無事救出された。
そこへ、鷲津組の車が続々と到着する。
応援の到着に気を大きくした尾国は、彦一らを襲うように指示するが、組員たちは動かない。
それどころか、車から降りた零次に腕を掴まれてしまう。
やってきたのは、尾国の暴走を阻止するために“手打ち”をした鷹山と鷲津とそれぞれの組の者だった。
鷲津に一喝された尾国は、鷲津組の者に連行される。
「タイヨウ」に戻った彦一らは、鷹山の指示でそのまま“研修”を続けることになった。
後日、彦一は涼太と晶がいる遊園地に現れる。
晶に、通りかかっただけだ、と説明した彦一は、アトラクションを楽しむふたりを見守っていた。
そんななか、トイレから出てきた晶の様子がおかしいことに気づいた彦一は、晶の側へ歩み寄る。
そこへ、別方向から3人分の飲み物を持った涼太がやってくる。
満面の笑みで「ママ」と晶を呼ぶ涼太。
そんな涼太をしげしげと見た晶は、「迷子? お母さんは?」と声をかける。
突然のことにショックを受けた涼太は、持っていたジュースを落としてしまう。
彦一も立ち尽くし……。
別窓 | ジャニーズ | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。