ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『カバチタレ!』第7話
2009-08-30 Sun 08:21
出演者:常盤貴子深津絵里陣内孝則田窪一世岡田義徳岡田浩暉伊藤さおり小林聡美篠原涼子山下智久NEWS)・香里奈

主題歌:キタキマユドゥー・ユー・リメンバー・ミー




コンビニでバイトをしている希美(常盤貴子)のもとへ、「ここで買った競馬雑誌が1週遅れで大損した。弁償しろ」という客がやって来た。
困り果てる希美だったが、居合わせた大野(陣内孝則)が、損害賠償を請求することは出来ない、と助けてくれる。
希美は、いつも自分を見ていてくれる大野への好意が膨らむ。
そのころ、希美の親友・いずみ(菅原禄弥)の元恋人で、救い様のない女好きの卓巳(豊原功補)が、出張ホストクラブに入会していた。
登録料40万円を払い、一人の女性客から月15万円を貰えると聞いて、「天職」と歓喜する卓巳だった。
実際、最初の客は若くて美人の客(国本真子)。
卓巳は、大いに期待し、大野コンサルティングに以前の案件の報酬を払いに行った。
千春(深津絵里)が「また、変なことやっているのか」と問うと、「ビジネスだ」と自信たっぷりに答える卓巳。
希美は千春に「あなたのところへいつか来そうね」と不吉な予言をする。
店か卓巳にあてがわれた太った次の客(町野あかり)は、前の客とは大違い。
うんざりしてサービスもままならないまま、別れたが、なんと、店から「大事な顧客だったのに、お前が粗相をするから、脱会した上に慰藉料まで請求された。損害賠償しろ」と電話が入ったのだ。
警察に駆け込んだ卓巳だったが、刑事は「たちが悪いクラブで捜査中だが、しっぽを出さない。民事不介入なので、今は弁護士にでも相談しろ」とつれない。
卓巳は、希美の想像どおり、大野コンサルティングに駆け込んだ。
千春は「あんたのようなバカ、相手にしたくないけれど、仕事だからやるのよ」と言い放つが、どうも風邪気味で調子が悪い。
そこへ、大野が代わりを買って出てくれた。
希美同様、千春も大野の心配りに好意を広げるのだった。  
大野は、店へ電話を架けた。
「賠償金は払えん。これ以上脅せば、告訴するで」。
凄む大野に、店は気おされてしまった。  
そんなころ、風邪を引いてしまった希美は、千春とともにアパートで休んでいた。
話題は大野へのあこがれ。
だが、優太(山下智久)が作る玉子酒に酔いが回り、そのうちキスを始めるのだった。
あきれ果てる優太。  
さて、卓巳の一件はそれで落着したわけではなかった。
京子(篠原涼子)の手には、青少年育成条例違反の案件が握られていた。
容疑者は卓巳。
卓巳が相手した少女が、家出中の中学生だったことが発覚したのだ。
会社から警察に連れ出された卓巳は、あっさりと逮捕されてしまった。
希美は、いずみにこのことを話すが、いずみに復縁の意思はなかった。
また、大野のもとへ弁護士の生田(小林聡美)から手紙が届いた。
行政書士の仕事を逸脱している、という。
大野は、深くためいきをつき、大好きな「鉄人28号」のおもちゃで遊び始めるのだった。
別窓 | カバチタレ! | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。