ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ランチの女王』第5話
2009-08-29 Sat 07:27
出演者:竹内結子江口洋介広田亮平妻夫木聡伊東美咲山下智久NEWS)・山田孝之瑛太平栗あつみ小原雅人森田敦子須藤寛子鈴木えみ石井里弥高木麻依子山口香織里鷹城佳世篠崎はるく田窪一世梅宮万紗子森田剛V6)・若林豪堤真一久保田優輔

主題歌:スリー・ドッグ・ナイトジョイ・トゥ・ザ・ワールド(喜びの世界)




『キッチンマカロニ』の定休日に海へ遊びに行った麦田なつみ(竹内結子)と鍋島純三郎(妻夫木聡)たち。
なつみと純三郎が、ちょっと良い雰囲気になりかけた時、光四郎(山下智久)が割って入った。
光四郎は、突然なつみに告白して・・・。
帰り道は大渋滞。純三郎の友人・酒井(EITA)の車内で、純三郎と光四郎はなつみを好きかどうかでもめている。
そんな2人に、なつみは「私、本当にお兄さまを愛しているの」と、酒井の車を降りて、塩見トマト(伊東美咲)の車へ。
しかし、トマトも同乗する牛島ミノル(山田孝之)と何やらもめている。
仕方なく、酒井の車に戻るなつみ。
鍋島家に帰ると、勇二郎(江口洋介)と権造(若林豪)が純三郎の帰りを待っていた。
純三郎は、権造から伝統のデミグラスソース作りを教わるのだが、なかなか同じ味を出すことが出来ない。
夕食時、明日発売の雑誌に『キッチンマカロニ』が掲載されることで盛り上がるなつみや純三郎たちに、勇二郎が「明日からしばらく休むわ」と切り出した。
純三郎は反対するが、権造は「いいんだ」と勇二郎の休みを許可する。
月曜日、開店前の店からスーツ姿の勇二郎が出かけようとする。
そこに、なつみが来た。
神社でくじを3本買ってきたなつみは、いやがる勇二郎に一本引かせて、出かけるのを見送る。
その頃『しおみ』のトマトが、配達に行こうとすると、店に男が訪ねてきた。
その男は、『キッチンマカロニ』に同居する女性について聞きたいと言う。
雑誌のおかげか『キッチンマカロニ』は、開店前から客が集まってきていた。
なつみが、そんな客の対応をしていると、巡査がやってくる。
すると、なぜかなつみは隠れ場所を探し始めた。
そして、店から猛ダッシュで出ていってしまう。
巡査の用件は、健一郎(堤真一)が、青森で店員を殴って逃走したことを伝えに来たのだ。
路地に入ったなつみは、携帯で電話する。
「あいつ、また何かやったの?」となつみは聞いている。
「特に聞いてない」という返答に安心したなつみは「今、心が温かい」、「あそこにいたいから、あいつに振り回されたくない」と言って電話を切った。
気づくと既にランチタイム。
慌てて店に戻ったなつみは、混雑する店内で働き始めた。
その頃、オフィス街の中華料理店で時間をつぶしていた勇二郎は、店の態度が気に入らず『キッチンマカロニ』のことを気にしていた。
勇二郎は、友人の江木(豊原功補)と会えた。
江木の仕事は、古くなった店舗を合理化したり新店舗に生まれ変わらせること。
勇二郎は、店を辞めたら仕事を手伝って欲しいと江木から誘われていたのだ。
早速、老舗の蕎麦屋に出向く2人。
江木はこの店をダイニングバーにするつもりだと言う。
2代目だと言う店主も、店へのこだわりはなさそう。
しかし、勇二郎は・・・。
別窓 | ランチの女王 | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。