ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『プロポーズ大作戦』第4話
2009-08-28 Fri 07:05
出演者:山下智久NEWS)・長澤まさみ榮倉奈々平岡祐太濱田岳三上博史藤木直人

主題歌:桑田佳祐明日晴れるかな




次のスライドは高校の卒業式。
岩瀬健(山下智久)の制服に第2ボタンはない。
吉田礼(長澤まさみ)に渡したのではないことを思い出し、後悔する健。
そして健がその日にタイムスリップすると、まさにその時、健は後輩の長瀬未沙(星井七瀬)に第2ボタンを渡そうとしている。
健は必死に渡すまいとするが、榎戸幹雄(平岡祐太)、鶴見尚(濱田岳)のおせっかいで、第2ボタンは未沙の手に…。
途方に暮れる健は、とりあえず第2ボタンがないことを礼に気付かれないよう、必死に隠す。
が、そんな健に、礼は「誰にももらってもらえないなら、私がもらってあげてもいい」と追い討ちをかけられた。
健は幹雄と尚に協力を頼み、なんとか第2ボタンを取り戻そうと奮闘する。
そのころ、多田哲也(藤木直人)が礼たちの卒業を祝いにやってきて、あまり特別な感動がないと言う礼と奥エリ(榮倉奈々)に、自分の卒業のときの思い出を話した。
礼には、教育実習のときに自分の良くないところを言ってくれたことに感謝していること、4月から大学の講師として再会するのを楽しみにしていることを告げて帰った。
健は、尚の勧めで未沙に素直に謝ってボタンを取り返そうとする。
すると、未沙が反対に謝るではないか。
未沙は、どちらが多くのボタンをゲットできるかを友人と争っていたのだ。
未沙が数ある中から、多分これと選んで健に返そうとしたボタンを尚が奪い取る。
そして、健が止める間もなく、誰のボタンかわからないものなど!と、窓から投げ捨ててしまう。
健は植え込みでボタンを探すが見つからない。
そんな時、野球部毎年恒例の卒業の行事が始まった。
礼とエリは、くだらないとあきれつつ、どこかうらやましく思う。
その後、着替えを済ませた健は礼に第2ボタンのない制服を見られてしまった。
「もらってくれる人いたんだ」と、寂しげに軽口を続ける礼に、健の心は痛む。
5人は学校を後にして、いつものバーガー店にいくのだが、健は自分の不甲斐なさに落ち込みっぱなし。
すると、礼がまだ高校でやり残したことがあると言い出した。
エリも同調し、5人は気乗りしない健を引っ張って高校へ。
校長室や廊下で遊ぶうち、健はこの5人でいたことの楽しさを思い出す。
屋上に出ると尚がいない。
と、尚は校庭にエリへの思いをラインマーカーででっかく書いている。
健は、尚の純粋さがうらやましい。
最後の思い出作りをして、学校を出ようとすると、健はもうひとつ忘れたことがあったと4人を引き止める。
健は、礼とエリの野球部マネージャー卒業式を後輩たちも呼んで行う。
この計らいに、礼とエリは思わず涙を見せる。
2人を感動させたかったとからかう健たち。
だが、礼が健から受け取った賞状入れには、ユニホームの第2ボタンが入っていて…。
健は披露宴会場に戻るが、やはり何も変わっていない。
しかも、現れた妖精には、そろそろタイムスリップからも卒業するかと言われ…。
別窓 | プロポーズ大作戦 | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。