ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『カバチタレ!』第3話
2009-08-27 Thu 02:32
出演者:常盤貴子深津絵里陣内孝則田窪一世岡田義徳岡田浩暉伊藤さおり小林聡美篠原涼子山下智久NEWS)・香里奈

主題歌:キタキマユドゥー・ユー・リメンバー・ミー




希美(常盤貴子)の働く喫茶店「イン・ザ・レイン」に若い男がやって来た。
手にはナイフ。
「俺と付き合ってくれ」・・・・・。
その場は、大野(陣内孝則)の説得で事無きを得たが、どうも希美は、その正直者ぶりから災難を招いているようであり、一部始終を聞いた弟の優太(山下智久)からもたしなめられる始末。
しかし、希美は、その場で高校時代の恋人・上里康太郎(加勢大周)との劇的な再会を果たす。
そんなころ、千春(深津絵里)は、鎌田松雄(近江谷太朗ら)から仕事の依頼を受けていた。
高齢の父親・菊男(伊藤幸純)が、引っ越し屋の仕事中にころんで、脳内出血で寝たきりになったのに、運送会社は、治療代も給料も払わない。
ついては、会社にかけ合ってくれ、というものだった。
千春は、「あなたは、私が持っていない何かパワーを持っている」と、希美に手伝いを乞う。
希美は、意味が良く分からないながらも、千春が、温泉芸者救出作戦の報酬残額をチャラにしてくれるというので引き受ける。
千春と希美が、運送会社に行くと、社長の横山(國村隼)は、けんもほろろの対応で、二人は、あっさり追い返される。
千春は、従業員が仕事中に怪我をした場合、会社側には治療費を支払う義務がある、これは勝てると踏む。  
事務所の外に出れば、横山の息子・光司(内田朝陽)が悪ぶった素振りでドスをきかせている。
荒れた家庭のようである。
しかも、光司は優太と同じ高校の制服を着ているので、希美は嫌な予感がする。
希美と千春は、松雄やその姉たち鎌田一族と会合を持った。
なんと、皆、父親の安否を気遣うわけでなく、金が要る、ちゃんと金を取ってきてくれ、と口々に勝手なことを言い出す始末。
父親への愛情などひと欠片もない。
それでも、希美と千春は仕事としてやらなければいけないのか。
千春は、希美を連れて、病院で看病をする菊男の妻・昌代(草村礼子)の元を訪ねた。
「子供ができた時、この人は、自分は何も食べずに、私におむすびと卵を食べさせてくれた。その時一生添い遂げると誓ったんです。私からも依頼します」と母親。
千春は昌代の夫への愛情の深さに打たれてその仕事を引き受けることにした。
一方、優太(山下智久)は、最近クラスメートの春奈(香里奈)がどうも気になる。
彼女を何とか誘おうと思うのだが、なかなかその機会がない。
今日も声を掛けようとしたところで、「大ゲンカが始まった」との騒ぎが邪魔に入る。  
優太たちが駆けつけると、ゲームセンターで光司が取っ組み合いをしている。
「お前の親父は従業員殺しだ」と囃されたのを怒ったのだ。
なんと、それを優太が止めに入った。
光司が言う。
「親もいねぇやつが口挟むな」。
優太の表情が変り、即座に光司を殴り飛ばす。
「何も知らんもんが、カバチタレんな!」。
殴り合う二人。
やっと、千春や希美、横山夫婦、さらには警官の京子(篠原涼子)、サキ(猪俣ユキ)も到着し事無きを得る。
だが、その時の様子では、横山家も、相当何かに困っている様子であることを希美たちは感じるのだった。
実際、千春が、横山の会社に行くと、相変わらず強気で追い返しにかかる横山だったが、妻には「好き好んで払わないわけじゃない。金がないんだ。わしだって家族のために働いているんだ・・・・・」と弱気なところを見せるのだった。  
そんな中でも、希美は、10年ぶりに再会した元恋人・上原とデートをしようと目論んでいる。
千春のマンションで恋愛話に花を咲かせていると、希美の足に、何と、大蛇が巻き付く。
怒り心頭で、管理人にねじ込む千春だったが、蛇の飼い主・風間(中沢昭泰)がいい男とあって、つい蛇を拝んでしまう二人だった。
さて、希美と千春は、必要な書類を揃えて、再度横山の会社に向かった。
さすがに横山は折れ、運転資金の半分以上の147万円を千春に渡した。
会社は間違いなく倒産である。
光司に「あんた、最低だな」と吐き捨てられても、希美は、横山一家に「元気出してください」と言うしかなかった。
その金を、松雄たちに持っていくと、「こんだけか?」「はした金!」と身勝手な言い分をぶちまける。
さらに、あろうことか、父親の遺言を開け、母親に相続放棄させろと、千春に依頼する。
さすがに、ウンザリする千春だったが、同僚の長谷川(岡田浩暉)に「我々の仕事は依頼人が最優先だ」と戒められ、続行することにした。
嫌々ながら相続放棄のサインをを求めて昌代に持っていくと、「子供たちの仕業と分かっているわ。でも、親はいくつになっても子供の幸せを願うもの。サインすることで子供たちが助かるなら、それでいい」と快く応じるのだった。
その時だった。
なんと、医者も見離した鎌田が息を吹き返したのだった。
すがり付く妻。
千春と希美は泣き出してしまうのだった。
別窓 | カバチタレ! | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。