ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ランチの女王』第2話
2009-08-26 Wed 08:18
出演者:竹内結子江口洋介広田亮平妻夫木聡伊東美咲山下智久NEWS)・山田孝之瑛太平栗あつみ小原雅人森田敦子須藤寛子鈴木えみ石井里弥高木麻依子山口香織里鷹城佳世篠崎はるく田窪一世梅宮万紗子森田剛V6)・若林豪堤真一久保田優輔

主題歌:スリー・ドッグ・ナイトジョイ・トゥ・ザ・ワールド(喜びの世界)




鍋島家の長男、健一郎(堤真一)に請われて婚約者を装い、同家を訪ねた麦田なつみ(竹内結子)。
だが、健一郎は家族で経営する洋食店『キッチンマカロニ』の改装資金を持ち逃げし、家族に白い目で見られている人物だった。
なつみを伴っての帰宅でも、健一郎は店の売り上げを盗んで、何処へと姿をくらませてしまう。
健一郎を敵対視する次男の勇二郎(江口洋介)は、度重なる健一郎の行動に嫌気がさし、店を畳むと言い出す。
兄弟とは何の縁もないなつみだったが、勇二郎のこの発言に猛反対。
あっけにとられる兄弟たちの視線を後に、店を出て行った。
その翌日、店を開けようとする勇二郎、三男の純三郎(妻夫木聡)の前になつみが現れた。
何と、店を手伝わせて欲しいと言う。
さては、勇二郎の差し金と猛反対の勇二郎だったが、なつみは勝手に接客を始めた。
気づいた勇二郎が止めようとするが、牛島ミノル(山田孝之)、川端守(田窪一世)の「今は、客が・・・」の声で踏みとどまる。
なつみとホールに立つ純三郎は、彼女の出現にまんざらでもない。
ランチタイム後の家族会議でも、純三郎はなつみをかばう。
四男の光四郎(山下智久)も雇おうと進言するが、なつみは勇二郎に追い出されてしまった。
その夜、店を終えた勇二郎らが戻ると、なつみが出迎えた。
またしても、鍋島家の家族会議開始。
勇二郎は、健一郎を責任持って探すと、兄の携帯電話の番号やアパートの所在を聞くが、なつみに答えられるわけがない。
なんとかごまかそうとするなつみを純三郎がかばう。
これで、勇二郎と純三郎は一触即発の状態。
2人を止めたのは、父、権造(若林豪)。
大人しくなつみの家族構成などを聞いた権造が「なぜ、うちがいいのか?」と尋ねると、なつみは店が好きで健一郎にもう一度会いたいと答えた。
それでも反対を唱える勇二郎は、家を出ていってしまった。
家を出た勇二郎は、山城秀美(梅宮万紗子)と待ち合わせ。
彼女の車でドライブに。
一方、鍋島家では純三郎が、なつみのために自分の部屋を空けていた。
光四郎の部屋へ移ろうとするが嫌がられ、仕方なくなつみを自分の部屋に泊めようとするが・・・。
どうしても、なつみを意識してしまう純三郎。
やっぱり、光四郎の部屋へ、。
すると、光四郎に見透かされたようになつみが好きなのでは?と、言われてドッキリの純三郎。
慌てて否定する純三郎に「女は百回優しくするより、一回の強引なキス」と光四郎、愛のアドバイス。
さて、恋愛巧者(?)の光四郎は、風呂上がりになつみの部屋へ。
しかし、なつみに軽くあしらわれてしまう。
その翌日、配達に来た塩見トマト(伊東美咲)の前で、上機嫌の純三郎。
なつみがいるのを見て、上機嫌の原因に気づいたトマトはちょっぴりショック。
当のなつみは、勇二郎から3回失敗したら出て行くという約束で働かせてもらうことに。
ホールには出るなと言われた矢先に飛び出して、早速ペナルティー1。
厨房で盛りつけを手伝うなつみは、ミノルの視線が気になる。
なつみは、自分を知っているのかと聞くが、ミノルは無言。
その時、ホールにいた純三郎が客の皿を見て驚く。
トマトが三切れ乗っているのだ。
キッチンマカロニのトマトは二切れ。
乗せていたのは、案の定なつみだった。
瞬く間に、用意したトマトが減っていき、あせるなつみ。
純三郎は、見かねてトマトの下へ。
トマトからトマトを仕入れて戻ってきた純三郎は、こっそりなつみに渡す。
なつみが、ミノルに切って欲しいとミノルに頼もうとすると、勇二郎の叱責。
もう、すっかりばれていた。
これで、なつみのペナルティーは二つに・・・。
その夜、なつみは勇二郎に頼まれてトマトに翌日の食材を注文。
ジャガイモを30箱というなつみに、聞き返すトマト。
だが、なつみは注文を押し通して電話を切ってしまった。
電話を終えたなつみに勇二郎がお説教。
なつみはホールに出たいと言うのだが、勇二郎は頑として聞き入れない。
友人の酒井昴(EITA)と会った純三郎は、恋の相談。
人の彼女や友人の彼女を好きになったことが?の問いに「あるよ」と酒井。
しかし、告白出来なくて後悔したと言う酒井に、兄弟の彼女と付き合ったりしてと答える純三郎。
純三郎、やはりなつみを・・・。
夜が明けた。キッチンマカロニに、トマトが注文の品を配達に来るが、純三郎は注文書の値段を見て驚く。
いつもより、かなり高いのだ。
それもそのはず、なつみの注文でジャガイモが本当に30箱も届けられてしまったのだ。
ついに、なつみのペナルティーは3つ。
注文用のメモを読み違えたと言い訳するなつみに、勇二郎はジャガイモの皮むきを命じる。
放って置いたら腐ってしまう山のようなジャガイモ。
このピンチに、勇二郎が下した決断は・・・。
別窓 | ランチの女王 | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。