ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『任侠ヘルパー』第7話
2009-08-21 Fri 08:00
出演者:草剛SMAP)・黒木メイサ山本裕典薮宏太Hey! Say! JUMP)・五十嵐隼士仲里依紗夕輝壽太加藤清史郎中別府葵安田美沙子橘ユキコ山田親太朗高木万平高木心平甲斐まり恵三浦まゆ向井理松平健宇梶剛士大杉漣夏川結衣

主題歌:SMAPそっと きゅっと





翼彦一(草剛)は、美空晴菜(仲里依紗)とともに、長岡孝江(江波杏子)の自宅で訪問介護を行っていた。
孝江の娘・初美(西田尚美)の依頼で来たのだが、白内障で視力がきかず気難しい孝江は彦一らの対応が気に入らず文句ばかり。
そんな孝江の態度に、彦一も辟易とする。
夜になり、同窓会に出かけていた初美が戻ると、孝江は彦一らに酷い目に遭わされた、とさんざん文句を言う。
それを聞いた初美は、もうヘルパーを頼んだりはしない、と約束する。
「タイヨウ」に戻った晴菜は、孝江の件をと和泉零次(山本裕典)に報告。
園崎らは、かつて中学の校長をしていたこともありプライドの高い孝江の面倒を、初美がひとりでみていることを憂慮する。
そんなところへ、二本橋賢吾(宇梶剛士)が来て、ホールに利用者の家族が来ていると告げる。
家族らは、あんな記事が出て大丈夫なのか、と羽鳥晶(夏川結衣)が表紙になっている雑誌を指差す。
そこには、晶に母親殺しの過去――認知症の母を捨てて男と逃亡。
そのせいで母は死んだ――との衝撃的な記事が書かれていた。
この記事が発端となり、ネット上での批判や、フランチャイズの契約解除を希望する声があがるなど、「ハートフルバード」への誹謗、中傷が広がっていく。
四方木りこ(黒木メイサ)、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)ら“任侠ヘルパー”は、このスキャンダルの余波で自分たちの正体がバレてしまうかもしれないと不安を隠せない。
そんな中、涼太(加藤清史郎)が夏休みの間、「タイヨウ」で手伝いをすることになり、健気に働くその姿が利用者の癒し的な存在となっていく。
一方、初美は介護と弁当の配達の仕事をなんとか両立させていたが、それも限界を迎える。
初美の部屋に練炭と睡眠薬があったことから、彦一は、ひとりですべてを背負おうとしている初美を心配し声をかけるが、ヘルパーに頼む気はないと拒絶されてしまう。
そんな折、仕事での不手際が続き、初美はクビになってしまう。
初美が勤めていた弁当店は「タイヨウ」も利用していた店で、社長(不破万作)から初美を解雇したと聞いた彦一は、複雑な気持ちになる。
その頃、初美は同窓会で再会し連絡をくれた滝本誠一(小市慢太郎)と食事をしていた。
思い切って滝本の誘いに応じてみたものの、初美は孝江のことが頭から離れない。
実際、食事中も孝江から何度も何度も携帯に着信があった。
食事を中座した初美は、急いで自宅へ戻る。
息を切らせて家に入り孝江を呼ぶと、孝江は、テレビのリモコンが見当たらないと文句を言う。
自分は、たったそれだけのために呼び戻されたのか――ついに、初美の思いが爆発する。
見つけたリモコンを孝江に投げつけるが、それでも初美の気持ちは収まらず、台所から包丁を持ち出すと孝江に向かい始める。
娘の突然の豹変に、孝江はおびえて床に座ったままなす術がない。
そこへ、彦一が駆け込んできた。
初美はとっさに彦一に向かい包丁を構え、気づくと包丁を突き出していた。
それを素手で受け止めた彦一は、事態を孝江に気づかれないよう無言のまま、「しゃべるな」とばかりに初美に向かい首を横に振る。
切られた右手からは、血が滴り落ちていた。
やがて、連絡を受けたりこと晴菜がやってきて、りこは彦一の手当てを、晴菜は孝江の世話をする。
初美は自分がしてしまったことを詫びつつも、孝江にはこのことを話さないでほしいと頼む。
すると、彦一は、明日から孝江を「タイヨウ」で預かると告げる。
初美がそれを拒むと、このまま自分の人生を棒に振るのか、と凄んでみせた。
緊張の糸が切れた初美は、孝江と心中することまで考えていたと涙ながらに明かす。
後日、孝江は1週間のショートステイで「タイヨウ」にやってくるが、すべてが気に入らずヘルパーらに当り散らす。
それを見た初美は気が気ではないが、手を差し伸べることを彦一に止められる。
そんななか、彦一は孝江の部屋に涼太をやる。
自分はヘルパーだと名乗る涼太に、孝江は少しずつ心を開いていく。
その頃、初美は職探しを始めるが、孝江の介護のことを話したとたん断られてしまう。
さらに、自宅にやってきた滝本を、母親が施設にいるのに自分だけフラフラすることはできないから、と追い返してしまう。
そんななか、孝江の部屋を訪ねた彦一は、あんなに懸命に親の面倒を見る生徒がいて、あんたは立派な先生だ、と声をかける。
さらに、40歳を過ぎても生徒のままでは、先生も生徒もたまらないだろう、そろそろ娘を卒業させてやったらどうだ、と言葉を続ける。
孝江は、それを静かに聞いていた。
その後、孝江はそれまで拒んでいたヘルパーの助けを借りて、食事をとり始める。
そんな孝江を、彦一とりこが見ていた。
同じ頃、自分を取り戻そうと決意した初美は、自殺用に持っていた練炭と睡眠薬をゴミ捨て場に捨てる。
1週間の滞在を終えた孝江が自宅に戻り、長岡家ではまた通常通りの生活が始まった。
しかし、これからは必要に応じてヘルパーが手伝いに行くことができる。
孝江は、その際は、彦一に来てほしいと指名までしてきた。
その日の夜、「ハートフルバード」の片隅で、人目を避けて誰かと電話をする晶の秘書・日野弥生(中別府葵)の姿があった。
電話の相手に晶の病名を告げ、「機は熟した」と話す弥生。
その頃、怪しい男たちを乗せた黒塗りの車が「タイヨウ」の前で停まった。
男たちは、窓を開け施設をうかがい見ていた。
一方の彦一は、涼太に手を引かれホールにやってくる。
そこには、彦一の誕生日を祝おうと、職員たちだけでなく、利用者までが集まっていた。
ケーキを差し出され、ローソクを吹き消せ、と迫られる彦一。
嫌々ながらも、一息でそれを吹き消し……。
別窓 | ジャニーズ | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。