ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『科捜研の女』第7話
2009-08-21 Fri 07:02
出演者:沢口靖子内藤剛志小野武彦斉藤暁泉政行加藤貴子田中健若村麻由美

主題歌:木山裕策I believe




スポーツジムのロッカールームで初老の男(田村亮)の死体が発見される。
土門刑事(内藤剛志)とともに現場に急行したマリコ(沢口靖子)は、死体の頭部に鈍器で殴られたような傷があるのを目に留める。
男の遺留品からは身元を示すようなものは何も発見されなかった。
スポーツジムの会員証から、男は大阪に住む高山信夫と判明する。
ジムの従業員によると、高山が入会したのは半年ほど前のことで、職場がジムの近所にあるらしいという。
どうやら高山は夜の勤めらしく、独り者で家に帰るのが面倒臭いとジムに寝泊りしていて、夕方ジムを出て職場に行き、翌朝戻って来る生活をずっと続けていたと従業員は言うのだ。
高山の映っている監視カメラを調べたところ、入店時の高山は体が傾いていて、動作も緩慢なことがわかる。
高山は、どこかで頭を殴られ、ふらつきながらジムまで戻ってきた後、ロッカールームで死亡したらしい。
一方、身元確認のため大阪に向かった土門は、会員証に書かれてあった住所にもう一人の高山信夫が住んでいることを知る。
やがて、ジムで死んだ男は半年前まではホームレスで、そのころ毎日のようにデパ地下に通っていたことがわかる。
そしてデパ地下の店員やホームレス仲間から様々な名前で呼ばれていたことが判明するが…。
別窓 | Thursday | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。