ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『わるいやつら』第4話
2009-08-21 Fri 04:39
出演者:米倉涼子北村一輝笛木優子小島聖でんでん志賀廣太郎中丸新将余貴美子大杉漣金子昇森口瑤子大森暁美平山広行朝加真由美笹野高史伊武雅刀上川隆也

主題歌:安良城紅Luna

原作:松本清張わるいやつら




戸谷(上川隆也)を裏切り、チセ(余貴美子)の夫・春彦(笹野高史)の殺害を阻止した豊美(米倉涼子)は、戸谷に「これからは敵同士」と宣戦布告。
怒りを露にしたチセに頬を打たれ、チセの料亭を後にする。
自宅に戻った豊美は辞表を書き始めるものの、思いとどまるのだった。
そして、警察に足を運ぶが、中に入らずに帰ってきてしまう。
一方の戸谷は、豊美に結婚すると言った覚えはないと否定する隆子(笛木優子)に、自分の離婚が成立したら結婚したいと正式にプロポーズ。
だがその一方で、金の無心のため、相変わらずチセのところにも足を運んでいた。
だがチセは、まずはそのまま東京に居ついてしまった夫を殺害してからと言うばかり。
金の工面ができない戸谷は、薬品会社から未払いで訴えられてしまう。
そんな中、刑事の嘉治貞一(金子昇)が急患として運ばれてきた。
すぐに緊急手術が行われるが、その直後、戸谷が倒れてしまう。
豊美は、看護師長の沼田(朝加真由美)に頼まれ、戸谷の自宅に食事を運ぶ。
言い訳と弱音を吐く戸谷に対し、自分ひとりに龍子(小島聖)殺しの罪をなすりつけようとしたことを激しくののしる豊美。
だが、高熱にうなされ、優しい言葉をささやく戸谷に心揺らぎ、またも体を預けてしまうのだった。
明け方、戸谷の自宅から出て行く豊美を夜勤明けの葉山(平山広行)がこっそり見ていたとも知らずに。
そんな中、隆子が下見沢(北村一輝)を通して戸谷に対し、結婚には条件があると伝えてきた。
隆子の父が戸谷に3億の財産がなければ結婚させないと言っているらしい。
戸谷にそんな大金などあるはずはないが、通帳に見せ金を記載するため、下見沢に闇金から3億の借金の手配を依頼する。
下見沢から、利子は法外、一括返済が条件と念を押されるが、それでも戸谷は病院の土地の権利書などすべてを下見沢に渡し、手続きをしてもらう。
ある日、チセの夫・春彦が糖尿の治療のため、戸谷病院に入院することになった。
また殺そうとしているのかと、豊美はチセや戸谷に詰め寄るが、ふたりとも否定するばかり。
それでも心配な豊美は、春彦にこの病院は危険だから退院して欲しいとこっそり告げるが、チセを信頼している春彦はまったく相手にしない。
逆に、チセがかいがいしく世話を焼いてくれることに喜んでいるようだ。
複雑な思いの豊美は、休憩中に屋上で会った嘉治に、思わず「殺人犯に会ったことあります?」と聞いてしまう。
だが、自首する勇気はなく、そのまま言葉を濁すのだった。
春彦に何の変化も訪れず、10日が過ぎた。
豊美が部屋で久々に安眠していると、下見沢が訪ねてくる。
顔を見たかっただけと、部屋にも入らずに去る下見沢だったが、いつもと違う様子が気になった豊美は下見沢を追いかけて行く。
そんな豊美をただ優しく抱きしめる下見沢。
一方の戸谷は下見沢に3億を都合してもらい、隆子に連絡を入れていた。
翌日、出勤してきた豊美は、病院の裏口から遺体が運び出される場面に遭遇。
立ち会っているのは戸谷。
対する遺族はチセ…。
言葉を失う豊美に、チセはうっすらと笑みを見せ、戸谷は無言で背を向けるのだった…。
別窓 | わるいやつら | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。