ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『黒革の手帖』第4話
2009-08-21 Fri 01:48
出演者:米倉涼子仲村トオル釈由美子室井滋渡辺いっけい吉岡美穂紫吹淳山本陽子柳葉敏郎津川雅彦小林稔侍

主題歌:安良城紅Here alone

原作:松本清張黒革の手帖



安島とベッドをともにした元子だったが、これは過去を知られたことに対する口止めの意味であり、私は一生誰も愛さないと安島に言い放つ。
これは、安島に惹かれていく自分への決別の言葉でもあった。
一方、元子にすっぽかされた橋田は、相変わらず『カルネ』に足繁く通っていた。
そんな橋田を冷めた目で見ていた元子だったが、料亭『梅村』の元仲居だったホステスの澄江が言っていた、橋田が『梅村』を買い取ったらしいという情報には興味があった。
橋田の弱みを握って『梅村』を取り上げる。
そしてそれを売り払って、銀座一といわれるクラブ『ロダン』を買い取ればいい。
そのためには、橋田を強請る材料として、医大への裏口入学斡旋の証拠を掴まなければならない。
元子は証拠を手に入れるための計画を練り始める。
そのころ、楢林から買い与えられたマンションを追われた波子は、総会屋の長谷川にすがっていた。
波子は長谷川に、楢林のひどい仕打ち、その要因となった元子のことを長谷川に訴える。
楢林からも元子の話を聞き、かつて元子が勤めていた銀行の次長をしていた村井からも事情を聞いた長谷川は、元子に興味を持つ。
長谷川が初めて『カルネ』にやって来た日、地元に帰っていた安島も『カルネ』にやって来る。
元子の目の前で、安島に結婚を勧める長谷川。
さらに、帰り道、安島に「あの女はやめておけ」と元子との関係を制するのだった。
一方の元子は、橋田の弱みを握るために、店に来たばかりの澄江に、自分の代わりに橋田と付き合って欲しいと頼んでいた。
澄江から了承の返事を得た元子は、橋田を呼び出し、部屋を取ってもらう。
自分が先に部屋に行っていると言い、バーの席を立つ元子。
だが、橋田を部屋で待っていたのは、元子ではなく澄江だった。
怒り出す橋田に、澄江は仕方なく部屋を出ようとするが……。
同じ頃、元子が『カルネ』で澄江の帰りを待っていると、『燭台』の叡子ママがやってくる。
叡子から、元子が楢林を強請って5000万円を出させたという噂があると言われた元子はあくまで白を切り通すが、元子の挑発的とも取れる態度に、叡子は「あなた、やっぱり銀座に向いてないわ」と突き放すのだった。
その時、高揚した顔で澄江が店に入ってくる。
何事もなかったかのように出て行く叡子。
元子に報告を求められた澄江は、話は何も聞けなかったが、話よりも橋田の手帖を写してくるのはどうかと提案する。
翌日、『ロダン』が人手に渡ったという噂を耳にした元子は、急いで長谷川のもとを訪れる。
『ロダン』を手に入れたのは長谷川だったのだ。
元子が『ロダン』を買いたいという話を始めると、そこに安島が姿を現す。
買い手がつきそうだという長谷川に、自分だったらさらに高い値で買い取るという元子。
3週間以内にお金を用意し、『カルネ』を担保に入れるという元子に、安島は驚くが、長谷川はそれならと答える。
一刻も早くお金を用意したい元子は、澄江が手に入れた橋田の携帯のアドレスとスケジュールを元に、橋田が裏口入学を周旋している証拠の資料を作成。
意を決して、橋田が理事長を勤める橋田医科進学ゼミナールを訪れる。
これまでとはうってかわって態度の悪い橋田に、「今日は商談に来たんです」と告げる元子。
元子の話を本気で聞こうとしない橋田に、元子は、持ってきた資料を突きつける。
澄江が自分のために手に入れてくれた情報だと言う元子に、一瞬真剣なまなざしを向けた橋田だったが、すぐに「こんなもの、ニセモノだよ」と笑い出す。
「ママ、あの子に裏切られたんだ。オレの勝ちだよ」と自信たっぷりに答える橋田に、元子は……。
別窓 | 黒革の手帖 | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。