ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『わるいやつら』第3話
2009-08-20 Thu 05:57
出演者:米倉涼子北村一輝笛木優子小島聖でんでん志賀廣太郎中丸新将余貴美子大杉漣金子昇森口瑤子大森暁美平山広行朝加真由美笹野高史伊武雅刀上川隆也

主題歌:安良城紅Luna

原作:松本清張わるいやつら




戸谷(上川隆也)との距離を置くことを決意した豊美(米倉涼子)は、戸谷に弁護士の下見沢(北村一輝)と付き合うと宣言。
だが、下見沢とデートに出かけた場所で、デザイナーの隆子(笛木優子)と一緒にいる戸谷と鉢合わせしてしまう。
動揺しつつも、隆子に対し、自分と戸谷は単なる医師と看護師の関係だと言い放つ豊美。
そんな豊美の耳元で、隆子は「私、戸谷先生と結婚するわ」とささやく。
その言葉に傷ついたのか、店を出た豊美は、下見沢と乗り込んだタクシーの中で涙をこぼすのだった。
一方、隆子を自分のものにしたい戸谷は、彼女をなじみの料亭へ誘う。
言葉を尽くす戸谷に、隆子も心を許したかに思えたが、入浴中の戸谷を置き去りにして、ひとり帰宅してしまう。
翌日、戸谷の別居中の妻・慶子(森口瑤子)が病院に乗り込んできた。
離婚届と豊美やチセらと密会している戸谷の写真を突きつけ、高額の慰謝料を要求して去っていく。
さらには、事務長の粕谷(伊武雅刀)が薬品会社の社長を伴い、滞っている薬代の清算を迫る。
困った戸谷は、慶子が持ってきた写真を手に離婚について下見沢に相談。
それを見た下見沢は戸谷と一緒に写る豊美の笑顔の写真に、複雑な思いに捕らわれる。
続いて、チセ(余貴美子)を訪れた戸谷は、チセが夫を殺したがっていたことを改めて持ち出す。
もし戸谷が手を下してくれれば、自分も店もすべて戸谷のものと喜びを露にするチセ。
決意を固めた戸谷は、豊美にそれとなく殺害の加担を相談するが、豊美は頑なに断る。
離婚するために金が必要で、その金が工面できて離婚できれば豊美と結婚できると思ったという戸谷の言葉に一瞬心動かされるものの、首を縦に振らない豊美に、戸谷は自分もやらないと答える。
しかし、戸谷とチセは引き続き計画を練っていた。
戸谷から豊美なら絶対に口外しないと聞かされたチセは、豊美を直接呼び出す。
豊美が口外しない理由は、豊美の医療過誤を戸谷が病死として死亡診断書を書いてかばったからだとチセに言われた豊美は、怒りを通り越して笑い出してしまう。
そして、その計画に加担すると答えるのだった。
翌日、チセの夫・春彦(笹野高史)が名古屋から上京。
チセから強壮剤と言われ、戸谷が用意した薬を飲んだ春彦は、数時間後、友人との麻雀中に倒れてしまう。
連絡を受けた戸谷は、新人の看護婦を連れてチセの料亭に向かうが、そこにはすでに豊美の姿があった。
驚く戸谷に、「先生が他の人と共犯者になるのは嫌なんです」と言い、点滴の準備を始める豊美。
そして刻々と時間は過ぎていき、ついに明け方、春彦は目を覚ます。
喜ぶ友人たちを尻目に、落胆するチセと戸谷。
実は戸谷に手を貸すと見せかけた豊美は、正しい治療薬を打っていたのだ。
裏切りともとれる豊美の行為に怒りを隠せない戸谷に対し、隆子から戸谷と結婚すると聞かされ、戸谷の本当の思惑を見抜いた豊美は「私たちはもう共犯者じゃない。敵同士よ」と言い放った…。
これで終わりになるはずでした。
私の恋も。
苦しみも…
別窓 | わるいやつら | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。