ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『黒革の手帖』第3話
2009-08-20 Thu 03:07
出演者:米倉涼子仲村トオル釈由美子室井滋渡辺いっけい吉岡美穂紫吹淳山本陽子柳葉敏郎津川雅彦小林稔侍

主題歌:安良城紅Here alone

原作:松本清張黒革の手帖



安島に危ないところを助けられた元子は、警察に連絡すると言う安島に、「事情があるからやめて」と藤岡を不倫相手であるかのようにごまかした。
藤岡は、「この女だけは信じるな」と吐き捨てるように言い、店を出て行く。
だが、藤岡と元子の会話を立ち聞きしていた安島は、元子の過去をしきりに聞きたがる。
それに対し、元子は親の遺産でこの店を買ったと答える。
複雑な家庭環境だった自分の過去を虚実織り交ぜて話す元子に、自分も似たような過去を持つ安島は、複雑な表情を見せる。
数日後、楢林美容外科クリニックを訪れた元子は、出し渋る楢林から5千万円を受け取った。
元子は、その内の1千万円を、楢林からの退職金だといって市子に渡し、この金で喫茶店でも開いたらと、市子と不動産めぐりを始める。
元子に感謝しつつも、どこか躊躇している様子の市子。
一方、元子に好意を持つ橋田が、本格的に元子へのアプローチを開始してきた。
自分の誘いをうまくかわす元子に、橋田は「銀座一のクラブ『ロダン』を買ってやる」とホテルのキーを渡し、店を出て行く。
一度は、ホテルに足を向けた元子だったが、「買ってもらうんじゃ、波子と同じ」と、黒革の手帖を手に、新たな作戦を企むのだった。
数日後、元子にお金を取られてから、波子への執着心も失せてしまった楢林のもとに、波子がやってきた。
楢林の支払いが遅れ、店の開店が一週間も遅れているのだという。
波子をどうにかなだめ、追い返した楢林は、そのまま自分も出かけていくが、忘れ物を取りに部屋に戻ったところ、出て行ったはずの市子がそこにいた。
元子の部屋に市子がやってきた。
市子は、不動産と契約しなかっただけでなく、元子に1千万円を返すと言い出す。
説明を求める元子に、市子は言葉に詰まってしまう。
その時、元子は市子が持ってきた手土産が、市子のアパートからだと遠回りになるところで買ってきたものだと気がつく。
「楢林美容外科クリニックにいらしたの?」
元子の問いに、市子は外から様子を見ただけだと答える。
気になっただけだと言う市子だったが、元子は市子が楢林を忘れられないのだと確信。
「未来が近くにあるのに、どうして過去に戻ろうとするんですか?」と市子に詰め寄り、「愛情というより、腐れ縁よ」と市子を責める。
黙って聞いていた市子は、「いい夢見させてもらったわ。だから、こ
んな別れ方は残念」と言い、元子に「あなたは女の気持ちが分かっていない」と言って、部屋を出て行く。
その日の閉店後、澄江という女性が『カルネ』で働きたいとやって来た。
赤坂の料亭『梅村』で働いていたという澄江に興味を持った元子は、彼女を雇うことに。
翌日の開店前、元子が澄江をみんなに紹介していると、血相を変えた波子が飛び込んでくる。
楢林の弁護士が、もう援助できないといいに来たというのだ。
元子のせいに違いないと言って、元子につかみかかる波子。
だが、元子は波子をねじ伏せ、「私はあなたなんか相手にしてないわ」と言い放つ。
「お前なんか、銀座で商売できへんようにしたるから」と叫んで出て行く波子。
それを見ていた澄江は、「ママ、かっこよかったです。私、ママみたいになりたい」と元子に擦り寄るのだった。
その後、客の見送りに外に出た元子の前に安島が姿を現す。
「君、銀行に勤めてたとき、何したの?」と言う安島に、言葉の出ない元子。
数時間後、とあるホテルの一室で、抱き合う元子と安島の姿があった。
自分からキスをする元子。
「口止め料か?」と言う安島に「自分でも分からないの」と答える元子で……。
別窓 | 黒革の手帖 | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。