ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『救命病棟24時 2』第11話
2009-07-23 Thu 02:41
出演者:江口洋介松雪泰子伊藤英明須藤理彩田畑智子小日向文世宮迫博之雨上がり決死隊)・谷原章介田根楽子木村多江唐木恵子君嶋ゆかり三宅恵美山崎めぐみ宇崎慧小林すすむ津嘉山正種渡辺いっけい

主題歌:DREAMS COME TRUEいつのまに



勤務先の銀行で不正融資に荷担していたらしい三上幸二(須永慶)が死亡した。
その時主治医の進藤(江口洋介)にかわり治療にあたっていたたまき(松雪泰子)は神宮(津嘉山正種)らに呼ばれ事情を聞かれるが、結局翌日の事故調査委員会に小田切(渡辺いっけい)、看護婦の紗江子(木村多江)らと出席させられることとなった。
小田切からその事を聞かされた進藤は、神宮と救命センターの間に挟まれた小田切が、心身ともにひどく疲れた様子が気に掛かるのだった。
三上の死亡を書き立てた新聞を手にたまきが処分されるのか?と心配する馬場(宮迫博之)やゆき(須藤理彩)。
だが調査委員会は意外な展開を見せた。
三上の妻の圭子(田島令子)が救命処置は必要ないと言ったこと、家族の心境を思えばそれも仕方のない処置だったことをたまきは説明した。
これについて神宮が全面的に支持。
たまきを擁護する姿勢をとったのだ。
これには進藤も驚いた。
いつもは救命に対して苦言ばかりの神宮のはずが・・・。
しかし神宮はまもなく行われる学長選挙を控え、対抗馬の教授に勝つことしか頭になかった。
それでも、結局今回の件は不問に処されることになった。
三上の娘絵里(国分佐智子)は、父に救命処置を取らなかったたまきを訴えると言い出した。
矢部(伊藤英明)はそれを止めようとはしなかった。
この時の矢部は、むしろたまきや進藤に対して批判的になっており、感情的にもなっていたのだ。
そんな時、以前に貧血を起こして運ばれてきた鈴木比佐子(阿部美穂子)という女性が、死にも至るような不整脈の症状を起こしたのだ。
比佐子の初療にあたっていた矢部は、ただの貧血と診断していたが・・・進藤は心電図の記録を見て「兆候は出てるじゃないか!自分の患者をいい加減に診るヤツに人のことを批判する資格はない」と激しく矢部を責めた。
だが冷静さを失っていた矢部は、自分ばかり責める進藤が許せず、治療にも加わらず飛び出して行った。
別窓 | Tuesday | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。