ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』第1話
2009-07-14 Tue 01:42
出演者:山下智久NEWS)・北川景子相武紗季貫地谷しほり溝端淳平金子ノブアキ青木崇高金田哲はんにゃ)・川島章良はんにゃ)・永井大真矢みき伊藤英明

主題歌:B'zイチブトゼンブ





上矢直輝(山下智久)は、PBA=プロバスケットボールアソシエーション傘下のプロチーム『JCアークス』の選手。
中学、高校、大学と、華々しい活躍を続けてきた直輝は、2年前にアークスに入団した。
しかし、プロ入り後は、他のプレーヤーとの体格差などに加え、いざというときにプレッシャーに弱いタイプであることも相まって、思うように実力を発揮できずに苦しんでいた。
直輝の実力を評価しているヘッドコーチの川崎智哉(伊藤英明)は、そんな彼の姿を歯がゆい思いで見つめていた。
音大出身の白河莉子(北川景子)は、書店でアルバイトをしながらプロのバイオリニストを目指していた。
だが、とあるオーケストラのオーディションでは、フルート奏者で親友でもある海老名麻衣(貫地谷しほり)は合格したものの、莉子は、演奏中に弦が切れるというアクシデントもあって落ちてしまう。
アークスは、プレーオフ進出がかかった大一番に勝利する。
その夜、チームメートの秦野秀治(溝端淳平)とともに祝勝会に出かけた直輝は、乗っていたバスの中に携帯電話を忘れてしまう。
それを拾ったのが、偶然同じバスに乗り合わせていた莉子と麻衣だった。
莉子は、たまたま直輝の携帯に電話してきた川崎に事情を話した。
川崎は、いまから持ち主に会うから、といって莉子たちと待ち合わせをして直輝の携帯電話を受け取る。
その際、莉子にひと目ボレした川崎は、彼女の電話番号を聞きだすことを忘れなかった。
祝勝会の席で、直輝は、アークスの親会社である日本コンストラクション株式会社の総務部に勤務し、チームのチアリーダーも務めている恋人の七海菜月(相武紗季)に、優勝できたら結婚してほしい、とプロポーズした。
しかしアークスは、キャプテン・宇都宮透(永井大)らの健闘も及ばず、早々にプレーオフから敗退してしまう。
試合でいいところがなかった直輝は、悔しさを隠せなかった。
別の日、直輝は、母親の真希子(真矢みき)と妹の優里(大政絢)のために朝食の支度を終えると、来シーズンの契約の話をするために日本コンストラクションへと向かった。
その席で部長の足利(小木茂光)は、直輝に対して30%ダウンの315万円という厳しい年俸額を提示する。
契約を保留した直輝は、菜月に励まされ、他チームへの移籍の可能性を探り始めた。
直輝が焦っていることを知った川崎は、彼を励ますと、移籍先が決らなかったらいつでも戻ってこい、と声をかけた。
一方、麻衣とルームシェアを始めた莉子は、2年前に知り合ってからずっと憧れていた音楽プロデューサーの中西(鈴木一真)と再会する。
女性だけのクラシカルバンドをプロデュースするという中西は、そのオーディションに莉子を誘った。
そんな折、練習場を訪れた直輝は、アークスがチームの補強のために獲得に乗り出していた代々木廉(金子ノブアキ)に出会う。
廉は、菜月や川崎とともに、練習施設を見学に来ていた。
そこで廉から挑発された直輝は、彼と1オン1の勝負をする。
が、結果は廉の勝ちだった。
莉子は、オーディションを受けるために、中西のスタジオを訪れる。
が、そこで中西から服を脱ぐよう求められた上、実力がないくせにプライドだけは高い、などと侮辱された莉子は、思わず彼を殴り飛ばしてしまう。
莉子が泣きながらアルバイト先の書店に戻ると、そこに川崎の姿があった。
川崎は、理想の自分と現実の自分とのギャップに悩む莉子に、悩むのは若者の特権だが、悩むよりもっと人生を前向きに楽しむべきだと助言すると、ライブのチケットを手渡した。
夜、菜月は、足利やチームの仲間たちとともに、廉を誘って飲みに行く。
足利は、どうしても廉をアークスに入れたいらしい。
直輝は、菜月からの電話でその席に誘われたが、それを断る。
菜月は、そんな直輝に、足利に頭を下げてもう1年アークスで頑張ったほうがいいと思う、と助言した。
しかし、プライドを傷つけられた直輝は、とにかく今日は行かない、とだけ答えて電話を切ってしまう。
その晩、直輝のもとに他チームからの連絡はなかった。
真希子の後押しもあって決意を固めた直輝は、自転車で菜月たちがいる店へと向かった。
同じころ、菜月は、明日は朝から出張だから、と言って先に店を出ていた。
その後を追いかけた廉は、菜月を抱き寄せて強引にキスをする。
店に到着した直輝は、菜月が先に帰ったことを知る。
そこで直輝は、もう1年アークスでやらせてほしい、と足利に頭を下げた。
店を出た直輝は、いつも練習をしている公園に立ち寄る。
公園では莉子がバイオリンの練習をしていた。
しばらく演奏を聴いていた直輝は、莉子が弾き終えると拍手をした。
直輝がバスケットボールを持っていることに気付いた莉子は、もう終わりにしようと思っていた、と言って場所を譲る。
さっそくシュートの練習を始める直輝。
そのドリブルの音こそ、莉子がいまの部屋に引っ越して以来、ずっと気になっていた「C=ド」の音だった。
華麗なシュートを決める直輝の姿に、思わず「キレイ!」と叫んでしまう莉子。
直輝は、照れくさそうに「いま、スゲー嬉しかった」と返した。
莉子から、バスケの選手なのか、と尋ねられた直輝は、全然まだまだだけど、と答えた。
「ギャラも少ないし、ファンとかもいないし、上手くいかないことばっかで…」と直輝。
莉子は、そんな直輝の肩を叩いて励ますと、こう言った。
「私があなたの最初のファンになってあげる」と――。
あくる朝、莉子は、例のドリブルの音で目を覚ます。
窓の外から公園をのぞくと、直輝がもくもくとシュート練習をしていて…。
別窓 | ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~ | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。