ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ダンディ・ダディ?~恋愛小説家・伊崎龍之介~』第1話
2009-07-10 Fri 07:20
出演者:舘ひろし南沢奈央平山あや石黒英雄池田努野際陽子佐藤二朗林丹丹八嶋智人余貴美子鹿賀丈史

主題歌:浜崎あゆみSunrise ~LOVE is ALL~




愛した女性は数知れず、愛された女性は無限大――そんな自由恋愛の申し子・伊崎龍之介(舘ひろし)は、若者から“恋愛のカリスマ”と崇められる恋愛小説家。
しかし、人並み以上の恋愛経験とステータスに恵まれた彼にも、人並みに悩みがあった。
それは高校生になったばかりの大切なひとり娘・あかり(南沢奈央)のことだ。
あかりが通うエスカレーター式の女子校が今年度から共学になったため、娘にヘンな虫がつきやしないか…と心配でたまらない龍之介。
そう、龍之介は自由恋愛を標榜しながらも、いざ娘のこととなると目の色がガラリと変わる“典型的な親バカ”だったのだ!
そんなある日、あかりが部活動の最中に捻挫。
同級生の小早川悠樹(石黒英雄)に付き添われて帰宅した。
一瞬焦る龍之介だが、悠樹の絵に描いたような好青年ぶりに加え、あかりが悠樹に特別な好意を抱いていないことが分かり、ホッとひと安心。
悠樹のことを“コバちゃん”と呼んでフレンドリーに接した挙句、誰とも付き合ったことがないという悠樹に自著『恋の園』を手渡して「男は恋してナンボ。恋に生きなさい」とエールまで送るのだった…。
ところがその数日後、龍之介はあかりが“茶髪にピアスの今どきのイケメン”浩輔(前田公輝)と並んで歩く現場を目撃。
自分の知らぬ間に、あかりに彼氏ができた!? ―― 激しく動揺した龍之介は翌朝、あかりの携帯を盗み見するという禁じ手に!
通話履歴に「R」という表示が並んでいるのを発見してしまう。
意味深な表記にますます動揺する龍之介だが、葛藤の末にリダイアルすると、自分の携帯が鳴った!
「R」は龍之介の頭文字だったのだ…。
しかし、それで諦める龍之介ではなかった。
なんと今度は悠樹を呼び出し、あかりを見張って報告するように依頼したのだ!
やがて、悠樹から龍之介のもとに「あかりが遊園地にいる」との連絡が入った。
居ても立ってもいられなくなった龍之介は、仕事を投げ出して遊園地へ。
観覧車に乗っている浩輔を引きずり出して、掴みかかる。
ところがその直後、浩輔のデートの相手があかりの親友・朋香(林丹丹)だったことが判明。
しかも間が悪く、あかりに携帯を盗んだことまで同時にバレてしまい、龍之介は最愛の娘からかつてない反感を買うことに…。
悠樹から「子どものことを心配する親の気持ちも分かってあげなよ」と諭されても、なかなか怒りのおさまらないあかり。
が、祖母・サチ(野際陽子)から龍之介が亡き妻の分までも必死にあかりを守り続けようとしていることを聞かされ、心を打たれる。
結局、あかりは龍之介と和解し、改めて「彼氏ができたら、真っ先に紹介する」と約束。
ショックから立ち直る龍之介だったが…。
季節は変わり夏――。
悠樹が久々に伊崎家を訪問。
そこで、龍之介があかりから聞かされたのは、思いも寄らない言葉だった!
「あたしたち、付き合うことにしたの」。
別窓 | Thursday | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。