ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『白い春』最終話
2009-06-24 Wed 02:11
出演者:阿部寛大橋のぞみ吉高由里子遠藤雄弥紺野まひるデビット伊東白石美帆遠藤憲一

主題歌:阪井あゆみ横顔





春男(阿部寛)に嫌われたかもしれないと落ち込んで歩くさち(大橋のぞみ)に、栞(吉高由里子)はたまらず春男が父親であること告げてしまう。
勇樹(遠藤雄弥)に責められ慌ててごまかす栞。
しばらくして帰ってきたさちに、康史(遠藤憲一)は春男を引きとめるのはかえって迷惑なんだと優しく諭す。
意外にも素直にうなずくさちに驚きつつ安心する康史と佳奈子(白石美帆)。
数日後、さちと康史は海に来ていた。
砂浜に座り春男からもらった水彩画セットで絵を描き始めるさち。
康史は、さちを見ながら春男のお陰で親子の時間が過ごせたことを喜ぶ。
一方、いつかの定食屋で住み込みで働き始めていた春男の元に竜也(デビット伊東)が友人の田所(柴田次郎)と来ていた。
竜也が帰った後、春男は田所から竜也のスナック開店が9年前であることを聞く。
組から支払われたはずの報酬800万円が真理子(紺野まひる)に渡らなかったことを思い出す春男。
その夜、春男は竜也のスナックを訪ね、店のオープン時期を尋ねた。
激しく動揺した竜也は、春男を店の裏手に連れ出し、手にナイフを握っていた。
竜也はナイフを春男に差し出し報酬をスナックの開店資金に使ってしまったことを告白、自分を殺してくれと土下座する。
唯一の友達だった竜也は殺せないと、怒りと悲しみを抑えて絶交を言い渡す春男。
一方、部屋で海の絵の仕上げていたさちは、ふと新しい画用紙を取り出し春男を描き始めた。
ある日、プレハブ小屋にさちが描いた絵を本人に渡したいと春男を訪ねてきた。
栞はここにはいないと告げるが、さちは春男に荷物を送った宅急便の伝票を発見する。
伝票を手に迷いながらも懸命に定食屋へ向かうさち。
突然現れたさちに驚く春男だが、さちは康史と海に行ったことを報告。
しばらくの沈黙の後、さちは春男に、自分の本当の父親なのかと尋ねた。
春男に会いたくなるのは本当の父親だからじゃないかと言うさちの言葉に動揺し、胸を打たれつつも春男はそれを否定する。
春男は、康史がいかにさちを思っているかを告げ、黙ってここに来たことを康史に謝るよう話す。
春男からの連絡を受けた康史と佳奈子がさちを迎えに来た。
不安な思いを抱えていた康史だが、素直に謝るさちの頭を優しくなでる。
そんな矢先、さちの書いた絵がコンクールで入選したとの連絡が入った。
大喜びのさちや康史は、春男を展覧会に誘う。
展覧会にやってきた春男たちは入選したさちの絵を見て驚く。
そこには春男、康史、真理子の姿が描かれていた。
たまらず涙が溢れる春男。
その帰り道、康史は春男にもう一度パン屋で働かないかと声をかける。
しかし春男はそれを断り、さちを頼むと告げる。
春男の気持ちを察した康史は、送別会も兼ねるので1日だけ戻ってくるようお願いする。
約束の日、パン屋にやってきた春男は慣れた仕草で康史の作業を手伝う。
春男が作業場を離れると、1人の男が突然入ってきた。
男は残って作業をしていた康史にナイフで襲いかかる。
とっさに避けたものの足を刺される康史。
男は9年前に春男が殺した人物の息子だったのだ。
康史を春男と勘違いして父親の仇だと再び襲い掛かってくるが、春男がとっさに割って入り刺されてしまう。
さらに康史を襲おうとする男にすがりつき、康史をかばう春男。
やがて男は逃亡、春男は病院に運ばれたがもう意識は戻らないと宣告されてしまう。
さちは1人病室に入った。
そしてさちが、春男の手を握り「お父さん…」と声をかけた矢先、春男は一筋の涙を流し、永遠の眠りについてしまう…。
しばらくして、さちたちは春男の墓参りにやってきた。
真理子の墓の隣りには、康史が建てた春男の墓があった。
帰り際、さちが振り返るとそこには優しく微笑む春男の姿が…。
そして、春男がいなくなっても、それぞれの心の中にはいつも、春男の姿があるのだったー。
別窓 | Tuesday | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。