ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『マイガール』第5話
2009-11-07 Sat 05:16
出演者:相葉雅紀)・優香石井萌々果村上信五関ジャニ∞)・北村有起哉山崎樹範平岩紙井村空美日村勇紀バナナマン)・朝加真由美山崎一室井滋八名信夫大森暁美

主題歌:マイガール

原作:佐原ミズマイガール






正宗(相葉雅紀)の同僚・香(井村空美)が写真コンクールで入選した。
しかし、自信が持てずに応募すらしなかった正宗は、確実に前進しようとしている香を見て複雑な心境に…。
家に帰っても、無意識のうちに上の空になってしまう。
そんな正宗を心配するコハル。
しかし、正宗は余計な心配をかけたくない一心で、コハルに何も話そうとしない。
その翌日、コハルはお泊り保育のため、家を一晩空けることに。
ところが、どうもコハルの様子がおかしい。
正宗が準備を手伝おうとしても、笑顔すら見せずに黙々と自分で荷物を詰め始めたのだ。
しかし、正宗にはコハルの機嫌が悪い理由がちっとも掴めない。
そんな折、写真スタジオのマネージャー・林(北村有起哉)の妻・ユカリ(鈴木砂羽)が職場に現れた。
ユカリの話によれば、林はかつて写真を撮ることに多大なる情熱を注いでいたらしい。
なぜそんな彼がマネージャーの道を選んだのか――なりふり構わずカメラマンへの道を突き進めないでいる正宗は気になって仕方がない。
その夜、正宗は一緒に飲んだ先輩・木村(日村勇紀)の強引な誘いで林家を覗きに行くハメに。
林の家で一晩寝てしまった正宗らは、翌朝になって想像もしなかった光景を目の当たりにする。
なんと、林がエプロン姿で家事をしていたのだ!
実は、林は結婚当初、外資系の金融会社に勤めるユカリの給料で生活を支えてもらい、写真を撮り続けていた。
ところが、林がカメラマンとして少し稼げるようになったころ、ユカリの仕事が多忙を極めるようになった。
帰宅は連日深夜におよび、1年の半分以上は海外出張。
そこで、林は妻と子どもたちのために家事を担当することを決意し、カメラマンの道をスッパリと諦めたという。
正宗は林の決断力を羨ましく思うが、どんなに考えても自分の進むべき道が見えてこない。
その後、保育園へコハルを迎えに行った正宗は、保育士・友哉(村上信五)からコハルが不機嫌だった理由を聞かされる。
コハルは何でも話そうと約束したのに、悩み事を打ち明けてくれない正宗に対して怒っていたのだ。
そこで正宗は意を決し、コハルに本音を話すことに。
しかし、自分がこの先どうしたいのかが分からずにいる正宗は、悩みの本質を漠然としか話すことができない。
一方、林家ではユカリの香港への転勤話が持ち上がっていた。
しかし、ユカリはその話を断るという。
林が家族のためにカメラを諦めたことに負い目を感じていたユカリは、林のためにも仕事を頑張らなければならないと感じ、必死に働いてきた。
ところが、自分がいなくても平和に暮らせている家族の姿を見て、このままでは自分の居場所がなくなるような不安に駆られていたのだ。
そんなユカリの想いを聞いた林は、あることを思いつく。
休日、林はユカリと子どもたちをスタジオへ呼び出した。
「オレは家族のために犠牲になったと思ったことは一度もない。カメラを持たなかったのは、中途半端な気持ちで持つのがイヤだっただけだ」。
一度は手放したカメラを手にして、幸せそうにユカリと子どもたちの写真を撮る林。
家族の絆、そこに自分の居場所をハッキリと感じたユカリは、香港への出張を決意する。
一方、そんな林家の撮影アシスタントをした正宗も、幸せな気持ちに。
撮影中、自然と笑みがこぼれてくる。
その姿がコハルにはキラキラと輝いて見えて…。
「正宗くんがお仕事してる時の顔、コハルの大好きなおてんとさまみたいでした」。
そんなコハルの言葉と笑顔に触れ、正宗はようやく決断を下す。
「僕、写真を頑張ってみようかと思うんだ。それが、僕がコハルちゃんのおてんとさまでいられる道のような気がするから」――。
笑顔があふれ出す正宗とコハル。
また一歩あゆみ寄ったふたりは、新たな未来に向けて前進しようとしていた…。
別窓 | マイガール | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。