ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『その男、副署長』第3話
2009-10-30 Fri 01:33
出演者:船越英一郎田中美里宇梶剛士鈴木裕樹石丸謙二郎酒井敏也永井杏的場浩司本田博太郎萬田久子大村彩子

主題歌:藤澤ノリマサDomani~明日をつかまえて~




警務課長の近藤(本田博太郎)でございます…などと、悠長にご挨拶をしている場合ではありません。
なんと、池永副署長(船越英一郎)が廃倉庫に監禁されてしまったのであります!
しかも、逆さ吊りにされて…!!
副署長が目を覚まされると、そばには鎖で足を柱につながれた女性・二之宮エリカ(大村彩子)さんの姿がありました。
誰がこのような恐ろしいことを…。
しかも、よりによって藤原署長(萬田久子)の休暇中に…。
副署長にデスクを開けたままにされては、私が…もとい、河原町署全体が困ります!
実は副署長、前夜にエリカさんと遭遇。
「辻智和というストーカーに追われている」と聞き、被害届を出すよう指導した後、自宅まで送り届けようとされたとか。
ところが、エリカさんの自宅近くで何者かにスタンガンを浴びせられ、気を失ってしまったそうです。
何とか自らを吊り下げていたクレーンを動かし、ロープを解いて身体の自由を取り戻された副署長。
しかし、エリカさんの鎖をはずす鍵は見当たりません。
そこへ、エリカさんの携帯に辻から電話が!
なんと、副署長に「ゲームをしよう」と言うではありませんか。
ゲームとは、副署長が辻から出されたクイズを順番に解き、答えが示す場所を巡るというもの。
午後5時までに全問正解すれば、副署長は鎖の鍵をもらうことができます。
しかし…副署長が失敗すれば、硫化水素を発生させる装置が起動。
エリカさんの命はないというのです!
副署長はエリカさんに「必ず帰ってくる」と約束され、辻が指定した自転車に乗り込み、クイズを解くため街へと飛び出されました。
そのころ、交通課に所属する副署長の妹・佳子(田中美里)さんの話を聞き、私どもは副署長が昨夜から姿を消していることを知りました。
あの人のことです。
またしても他人のゴタゴタに首を突っ込んでいるのでは…。
当初はいつものことだと高をくくっていた私ですが、どうやら様子がおかしい。
平松刑事(宇梶剛士)と宮下刑事(鈴木裕樹)が目撃談を頼りに、副署長が立ち寄ったラーメン店へ行くと、そこには不可思議な問題用紙が残されていたのであります。
しかも時を同じくして、島英明(的場浩司)が所属する『週刊タイムス』編集部に、副署長がゲームに巻き込まれていることを示唆するメールが届いていたというではありませんか。
その文章は差出人の「世間に認められたい」という欲求に満ち溢れていました。
どうやら、差出人は不本意な境遇で周囲を恨みながら生きているようです…。
私が解き明かしたクイズの答えに従い、佳子さんたちは長岡天満宮へ向かい、ようやく副署長と接触することができました。
そして、あらゆる情報をすり合わせた後、辻のもとを訪れたのです。
しかし、辻は何も知らない様子…。
その直前に副署長が一緒にいたエリカさんの本名が村園律子だということが判明したこともあり、一連の事件が狂言だった可能性が浮上してまいりました。
そして、副署長は最後のクイズの答えとなるキーワードが“菅原道真”だということに気づかれたのです!
菅原道真は優秀すぎたために妬まれて左遷され、政敵を恨みながら死んでいった人物。
もしや、犯人は辻に冷遇され、恨みをもつ人物なのでは…!?
やがて、ひとりの人物が浮かび上がりました。
仙崎公彦(河合龍之介)――先日、あまりにも傲慢な態度が仇となり、辻の会社の面接で落とされた男です。
その時の面接官のひとりが辻でした。
そして、その面接の直前、副署長は盗難自転車を放置しようとした仙崎と遭遇。
寝坊して面接に遅刻しそうになった仙崎が、やむにやまれず自転車を盗んだことを知り、見逃してやったそうです。
そう、すべては仙崎の逆恨みから端を発していました。
己が優秀な人物だと過信する仙崎は、面接で失敗した原因をすべて辻と副署長のせいにしてしまった…。
そして、復讐のためにエリカさんこと律子さんを金で雇い、2人を陥れようとしたのであります。
自宅アパートを訪れた副署長らに問い詰められた仙崎は、あっさり犯行を認めました。
しかし哀しいかな、彼に反省の色は見られませんでした。
それどころか律子さんを見捨てた彼は、副署長たちの目の前で硫化水素発生装置を起動させたのです!
しかし、さすがは日々私の目を盗んで街を全力疾走されている副署長。
その俊足ぶりを如何なく発揮され、硫化水素が発生する前に律子さんを無事救出されたのであります。
自分を騙した相手であるにもかかわらず、「必ず戻る」という約束を守られた副署長。
その誠実かつ真摯な生き様を目の当たりにし、律子さんも犯した過ちを大いに反省されたようです。
いつの日か、仙崎も彼女のように己の非を見つめ直し、反省する日が来るのでしょうか…。
余談ではありますが、副署長にも大いに反省して頂きたいところであります。
致し方ない事情があったとはいえ、1日分の決済を放置してしまわれるとは…。
つべこべ言わずに、きっちりと遅れは取り戻して頂きますよ、副署長!
別窓 | その男、副署長 | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。