ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『浅見光彦~最終章~』第2話
2009-10-29 Thu 00:34
出演者:沢村一樹風間杜夫原沙知絵黒田知永子田中幸太朗佐久間良子笛木優子

主題歌:馬場俊英明日に咲く花

原作:内田康夫浅見光彦シリーズ




Watch liuerhjekjhegsl in ã�¢ã�¯ã�·ã�§ã�³ã�¨ã�¢ã��ã��ã�³ã��ã�£ã�¼  |  View More Free Videos Online at Veoh.com



川端康成生誕110周年を記念して、旅雑誌「旅と歴史」の特集のため修善寺と天城の取材へ向かうという光彦。
その話を雪江(佐久間良子)にすると、ちょうど雪江も、仏様を供養する法要で行われる、修善寺の万灯会(まんとうえ)に行くという。
「また事件に巻き込まれて、陽一郎(風間杜夫)に迷惑をかけないでね」とお小言をもらいつつ光彦は取材の旅へ。
旧天城トンネルを光彦が歩いていると、「うわああ」と男の叫び声が聞こえた。
慌ててトンネルの向こうへと走る光彦だが、崖下をのぞいても誰の姿もない…。
翌日の朝、旅館をチェックアウトした光彦は、パトカーのサイレンを聞く。
光彦が昨日の場所へと行ってみると、警察や鑑識の姿があり、少し離れた場所には男の遺体があった。
下田署の刑事課長・永井(佐藤銀平)の話によると、免許証から遺体は小林章夫(小林勝也)ということが分かった。
「悲鳴が聞こえた昨日は、なにも見えなかったのに…」と怪訝に思う光彦。
そんなこともあり、雪江との待ち合わせに遅れて到着した光彦が、修善寺に着くと、本堂脇の軒に沢山貼られた千社札を見つける。
その中に「下司」(げす)の文字があるのを見た。
「心根が卑しいという意味の言葉が、なぜ千社札に?」などと須美子たちと話していると、「貼ったのは私の父です」と小林朝美(笛木優子)から声をかけられる。
ばつが悪くなり、その場を後にする光彦たちだが、その夜、宿泊先の旅館のロビーで朝美と再会した。
旧天城トンネルの発見された遺体が朝美の父だと聞いた光彦は、下司の文字の千社札を朝美の父・章夫が毎年一人で貼って歩いていたこと、三日前に宮城へ行くと言って、天城で転落死したことを知る。
母がいないという朝美を、男手一つで育て上げていたという章夫が何故? 
光彦は、朝美と共に千社札の謎と章夫の行動をたどることに。
ほどなく、ある川沿いで「下司」の千社札が流れてきたのを発見した光彦は、その上流で遺体の検分中の永井刑事課長と再会する。
遺体は、宮城県松島町の黒木ゆかり(魏涼子)、遺留品はバッグに化粧ポーチと財布と柿の葉茶、そして婚姻届が。
その婚姻届には、黒木ゆかりの名前だけ書かれていた。
章夫が行くと言っていた宮城、「下司」の千社札が流れてきた上流で発見された松島の女性、柿の葉茶と婚姻届、そして2人の関係と事件の謎を解明するために、光彦と朝美は日本三景として名高い宮城県・松島へと向かった。
別窓 | 浅見光彦~最終章~ | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。