ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『リアル・クローズ』第1話
2009-10-14 Wed 06:44
出演者:香里奈黒木瞳高岡蒼甫西島秀俊小泉孝太郎加藤夏希能世あんな真野裕子えれなIMALU

主題歌:坂詰美紗子きっと大丈夫

原作:槇村さとるReal Clothes






Watch Real.Clause 01 in ã��ã�©ã��  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

東京の老舗デパート・越前屋百貨店に勤める天野絹恵(香里奈)は、恋人の山内達也(高岡蒼甫)とパリを旅行中、「マダム・ミキ」と呼ばれる日本人女性の名前を耳にする。
マダム・ミキこと神保美姫(黒木瞳)は、数々の百貨店、ブランド店の販促プロデュースを手がけ、成功を収めてきたパリ・ファッション業界のカリスマだった。
そんな美姫が、業績不振にあえぐ越前屋から再建の切り札として招かれる。
数日後、越前屋のリビングふとん売り場には、後輩の森奈津子(南明奈)らに指示を飛ばし、イキイキと働く絹恵の姿があった。
絹恵は上司の大面(佐藤二朗)からも頼りにされるエース販売員。
妙な客がいると大面から対応を頼まれた絹恵は、売り場のベッドで寝ていた田渕優作(西島秀俊)のふてぶてしい態度にあきれる。
閉店後、絹恵は婦人服統括部長に就任した美姫に対面。
おしゃれが苦手な絹恵の私服姿を見た美姫は「つまらない服を着ていると、つまらない人生になる」と言い放ち、絹恵をぶ然とさせる。
その翌日、絹恵に思わぬ異動を言い渡された。
美姫が率いる婦人服売り場の新プロジェクトに加わることになったのだ。
ファッションに疎い自分に務まるはずがないと戸惑う絹恵…。
婦人服売り場に初出勤した絹恵は、有名ブランド店を辞めて越前屋に移った佐々木凌(加藤夏希)、チーフの林陽子(真野裕子)ら同僚の販売員たちのきらびやかなファッションと、おしゃれとはほど遠い自分の服装を比べてさっそく気後れするが、そんな中、優作が新プロジェクトに抜擢された社内の敏腕バイヤーだったことを知る。
「1ヵ月で1億円の売り上げ増」という目標を掲げた美姫は、日本初上陸のブランドの誘致など大胆な戦略で業績を伸ばし、早くも手腕を発揮する。
一方、ファッション用語すらわからない絹恵はまともに接客もできず、数日経っても売り上げはゼロのまま。
巧みな接客で売り上げトップに躍り出た凌に「越前屋はプロの集まりだと思っていた」と皮肉を言われ、無力感にさいなまれる。
しかし、売り場に隣接するブランド店の販売員・山本加代子(榊原郁恵)に励まされて一念発起。
閉店後も売り場に残り、服を合わせる練習をするが、ちぐはぐなコーディネートしかできない。
そんな絹恵を、自分自身を知らない未熟な人間だと嘲笑する美姫。
絹恵は人を外見だけで判断するのは間違いだと詰め寄るが、「内面のすべてが外見に現れる」と反論され、返す言葉がない。
そんな折、婦人服のメイン売り場を拡張し、『ザ・スペース』として新装オープンさせることが決まった。
これに伴い、美姫の指示で加代子の店が撤退を余儀なくされたことに憤る絹恵。
だが加代子は、変わり始めた越前屋を見られて楽しかったと言い、販売員としての自信を失っている絹恵を「天野さんにもできることがある」と元気づける。
『ザ・スペース』のオープンの日、トラブルが起こった。
目玉である新作コートが届かず、オープン記念に予定していたショーの準備もままならないのだ。
荷物は開店30分前を切ってやっと到着したがエレベータが動かず、売り場に運ぶことができない。
そのとき、加代子の言葉を思い出した絹恵は、ふとん売り場にいたときのように優作らにテキパキに指示を出し、重いダンボールをいくつも重ねて階段を駆け上がり始める。
絹恵の機転で準備はなんとか開店に間に合った。
ショーの挨拶に立った美姫の「どんな服を着たらいいかわからなければいつもより5秒長く鏡の前に立ち、“新しい自分”を見つけて欲しい」という言葉を聞いた絹恵の中で何かが変わる。
コートを選ぶ客と親身に向き合い、初めて服を売ることができた絹恵は充足感に包まれ…。
別窓 | リアル・クローズ | top↑
| ドラマ動画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。