ドラマの動画が無料で観れます!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『科捜研の女』最終話
2009-09-11 Fri 00:22
出演者:沢口靖子内藤剛志小野武彦斉藤暁泉政行加藤貴子田中健若村麻由美

主題歌:木山裕策I believe




スーパーマーケットへの商品の配送を行う冷凍車の中から、古びたトランクに詰められた女の死体が発見された。
冷凍車は、前日倉庫で商品を積み込み、一晩中スーパーへの配送を行っていたことから、何者かが配送員の隙をついて車内に紛れ込ませたらしい。
死体の首にはロープが巻かれていて、土門刑事(内藤剛志)らと現場に急行したマリコ(沢口靖子)は、当然のことながら他殺の疑いを持つ。
ところが、解剖医の風丘早月(若村麻由美)の検視の結果、死体の首にはロープの痕が斜めについていることがわかる。
絞殺なら痕は水平につくはずであり、これは明らかに自殺を示唆していた。
だがその一方で、首をロープで絞められている被害者が、そのロープをはずそうと抵抗した時に首にできる引っかき傷の“吉川線”が被害者の首に幾筋も残されていた。
一体自殺なのか他殺なのか、早月もマリコもにわかには結論が下せない。
トランク詰めの死体には身許を示すようなものは何もなかったが、歯の治療痕から藤吉友美(岡あゆみ)という24歳の派遣社員だと判明する。
そこでマリコは土門らと友美の住んでいたアパートに向かうが、自殺か他殺か判断するための手がかりは得られない。
ただ、『私が死んだら、泣いてくれますか』という遺書らしきものが残されていた。
これは一体誰に宛てたものなのか?
やがて、友美は人付き合いが苦手でほとんど友人と呼べるような人物はいないことが判明する。
ただ、市内の小劇団の女優・川瀬春奈(野波麻帆)とだけは交流があるらしいとわかるが…。
スポンサーサイト
別窓 | Thursday | top↑
| ドラマ動画 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。